wine_00


豊かな気候風土が
生み出す味わい

沖縄の南国果実を使った
果実味あふれるフルーツワイン

wine_01

沖縄の特産品をワインに

wine_02

パッションフルーツ

パッションフルーツの「パッション」とは、「情熱」のパッションではなく、キリストの「受難」を意味する「パッション」のようで、花ビラや雄しべ雌しべの数が色々関係しているようです。日本では花の形が「時計」に似ていることから、トケイソウやクダモノトケイソウと呼ばれています。観光農園の園内ハウス農家さんも「南時計草の会」という名前で、日々おいしいパッションフルーツを栽培しています。

クエン酸を含んでいますし、ビタミンA、B群、Cなども豊富。疲労回復の手助けをしてくれること、間違いなしですね!また,まさに南国といった華やかな香りも、このフルーツの最大の魅力ともいえるでしょう。

 

アセロラ

「アセロラ」という名前はスペイン語で、和名では「バルバドスサクラ」と呼ばれているそうです。中米や南米に広く分布し、アメリカでのビタミンCブームにより、一気に世界中に知れ渡ったようです。

代表的な栄養素はビタミンCで、含有量はなんとレモンの20倍とも!どうやらビタミンCでアセロラの右に出るものはないようです。肌の老化を防防いだり、メラニン色素を抑制し染みを予防したり、ニキビ予防や治療にも効果的だといわれています。まさに美肌の救世主!アセロラさまさまなのです。

 

マンゴー

マンゴーという名前の由来は、南インドの「マンギー」という呼び名と、ジャワの「マンガ」という呼び名が英語圏で混ざり、「マンゴー」と呼ばれるようになり、そのまま日本でもマンゴーという呼び名が定着したようです。マンギーもマンガも「女王」という意味があるそうで、マンゴーも果物の女王と呼ばれることもあるそうです。

ビタミンや葉酸などの栄養素と、何と言っても豊富なのが食物繊維。お肌や腸の働きを整えてくれる要素がたっぷりなんです。ただしマンゴーは漆科の植物なので、かぶれる事もあります。アレルギーの方はご注意を!

 

シークァーサー

シークァーサーは沖縄の方言で、シーは「酸っぱい」、クァーサーは「食べさせる」という事になり、転じて「酸っぱい食べ物」という意味合いがあるそうです。別名「平実檸檬(ヒラミレモン)」。英語ではFlat Lemon」と呼ばれています。

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用のある「ノビチレン」と言う物質を含んでいるのですが、この成分にはアルツハイマーの抑止力もあるという研究発表もあるようです。今後の研究成果からも目が離せませんね!

top08_1200